シュワブ陸上案に反対決議=全会一致で可決−名護市議会(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、同県名護市議会は8日午前、政府・与党が検討中のキャンプ・シュワブ陸上部(名護市)への移設案に反対する決議と意見書を全会一致で可決した。
 決議と意見書は、シュワブ陸上案について「これまでの移設案よりも住宅地域に近接するもので、言語道断」と反発。「名護市民の生活環境のみならず、近隣の小中学校の教育環境までをも破壊するもので断じて許されるものではない」としている。 

【関連ニュース】
普天間、県内なら謝罪を=自民・大島氏
米、普天間現行案決着へ圧力=日本側の絞り込み前に神経戦
自民幹事長発言を批判=北沢防衛相
首相発言「決意の表れ」=輿石氏
普天間、県内移設に断固反対=共産・志位氏

鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる=「実朝暗殺の舞台」、樹齢1000年−鎌倉(時事通信)
離婚後の共同親権を検討=千葉法相(時事通信)
<日本アカデミー賞>最優秀作品に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)
単独比例の民主新人、生き残りかけ勉強会(産経新聞)
古墳時代末期の横穴式石室、道路工事で偶然発見 大阪・岸和田(産経新聞)
[PR]
by iiyqa6bye1 | 2010-03-12 21:31