月内の訪米検討=普天間、国防長官と詰め−防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は15日午前、長野市内で開かれた自身の参院選事務所開きであいさつし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「5月末に解決するのは、わたしどもに課せられた大きな課題だ。場合によれば、米国へ行ってゲーツ米国防長官と最終的な詰めをしなければいけない」と述べ、月内にも訪米し日米防衛首脳会談を開催する方向で検討していることを明らかにした。
 北沢氏はその後、記者団に対し、「(米国で行われた実務者協議の内容を)早々に分析して、協議の必要があれば早急にやりたい」と訪米への意欲を強調。その上で「米軍のオペレーション上、支障があるかないか詰めなければいけない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会(時事通信)
ヘリ部隊500人を徳之島に移転=九州各地でローテーションも−官房長官が打診(時事通信)
普天間未決着でも首相は続投を=民主・細野氏(時事通信)
湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
【麗し大和】珠光を生んだ茶のふるさと(産経新聞)
[PR]
by iiyqa6bye1 | 2010-05-18 17:18